2005年05月26日

戦力保持と不保持のどちらが戦争抑止力として有効か

 戦力保持と不保持のどちらが戦争抑止力として有効か、という問いに対して答えを考えたいのだが、そもそもどうやって考えたらよいのかさえよく分からない。

 いろいろなブログを回って調べてみたが、相対する意見が同じ事象から導き出されていることがあって混乱する。ここで、同じ事象というのは、「第二次大戦終了から現在まで、日本は戦争に巻き込まれなかった」ということだ。

 この事象に対して、「日本は平和憲法を持っており、戦争放棄を謳っているからこそ、戦争に巻き込まれなかったのだ」と主張をする人がいる。したがって自衛隊は無用の長物であり、自衛隊の海外派遣などは戦争への足がかりとなりえるため放棄した方がいい、という風な具合である。

 一方、「米国の庇護下にあったから戦争に巻き込まれなかったのだ」とする主張もある。仕返しをする戦力を(米国が)持っているからこそ相手に攻められなかったというのだ。だが、これでは日本は軍事的に米国の属国のようなものであり、今後ちゃんとした独立国となるためには米国の庇護から抜け出して自前の自衛戦力でやっていくべきだ、という具合だ。(現自衛隊と現憲法でそれができないのはなぜなのか、詳しくは分からない。)

 まあ有体に言って簡単にまとめすぎだろうとは思う。もっと言うと、どっちが真実に近いのか考えること自体、意味がないかもしれない。それよりもっと現在及び将来の日本を取り巻く環境を分析し、個別具体的な検討を重ねた上で、判断すべきなのだろう。

 だがそんなことを素人が独自で行うのは無理というものだろう。それに、世の中の人が知っている全ての情報を受け入れ、咀嚼することなど到底不可能だ。ある程度のところで、自分の主張を決めねばなるまい。どの程度の情報を得た時点で、どの程度の確信を持って自分の主張を決めるのか?それが問題だ。
posted by しろ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3926990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。