2005年10月24日

思想の問題はなるべく置いておきたい

 先日トラックバックを頂いたペガサス・ブログ版の記事、特に下記2記事と、その記事へのコメントを興味深く読ませて頂いた。

 私としては、「思想」の問題はとりあえず置いておいて、上記記事で議論されているような、実際に軍隊がある方が得なのか損なのか(国益になるのかならないのか)を知りたい。
 たとえば、「戦争による日本人の犠牲者(死者)数の期待値が少ない方が国益になる(*)」と仮に定義して、その上で軍隊がある場合と無い場合で戦争が起こる確率と起こったときの犠牲者数を見積もり、それによって軍隊を持つべきか否かを検討して結論を出す、と言った具合に。

 ただ、自分で考えるには圧倒的に知識が不足していて、一人で結論を出すことなどできそうもない。そこで世の識者の議論を読んで参考にしたいわけである。が、残念ながら上記記事を読んでも、客観的に妥当だと思えるような結論にはたどりつけていないように見受けられる。

 ただ、上記記事のコメント欄で議論をしている人々は、自らの結論を持っているようだ。それはどういった情報に裏づけされているのか、私は知りたいと思う。このような判断を下す場合に必要な情報というのは、例えば一国の軍事情報などのように、おそらくはとても機密性の高いものではないかと思う。
 「結論を持っている人」が知っている情報というのは果たして一体どこまでで、どこからが推理・推測の範疇なのだろうか。

 そして、願わくば、そこに「思想」が入っていませんように。結局最終的には一人一人の「想い」で決めるのだ、と言われてしまうと・・・ちと、何というか、残念である。

* 軍隊を持たず侵略されて殺された場合も戦争の犠牲者として数える。また、軍隊を持って自衛以外の戦争をし、日本軍人が殺された場合も同様である。「殺されず奴隷になってもいいのか?」という疑問に対しては、例えば奴隷1.5人=犠牲者1人などという風にウェイトを付けて数値化するという手法がある。ここでウェイトを幾つにするかと言うのはまた別の議論であるとしよう。

posted by しろ at 01:20| Comment(45) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。